温泉の地図

温泉へのアクセスや効能まで地図で紹介

草津温泉(地図・アクセス・効能)

草津温泉
住所・緯度経度
〒377-1711群馬県吾妻郡草津町草津温泉
36.621787, 138.593131
公式サイト 湯Love草津(草津温泉観光協会ホームページ)
http://www.kusatsu-onsen.ne.jp/
東京 上野からのアクセス例

拡大地図を表示
泉質 酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
(硫化水素型)(酸性低張性高温泉)
恋の病以外には全てに効くと言われるほどで、神経痛や筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺など様々なものに対する効能があるといわれる。
湯量が豊富で自然湧出量が日本一
毎分32,300リットル
日本有数の酸性度で、pH値は2.1
その他 湯畑を中心とした古い風情の温泉街があり、それの周りに各施設がある。
また草津白根山に面して草津国際スキー場がある。
草津温泉の湯畑の木の樋を通して作られる湯の花は土産物としても有名。
現在は観光向けでしか行われないが、昔は草津節という唄を唄いながら木の板で湯船をかき回し、気化熱の原理で湯温を下げるのが特徴的な「湯もみ」が行われていた。
草津温泉近辺・草津白根山
草津白根山

草津温泉の湯畑

草津温泉・湯畑
緯度経度
36.622722, 138.596608
草津温泉の湯畑の動画
湯畑ライブカメラ 現在の湯畑が生中継で見ることができます。→現在の湯畑
草津温泉の湯畑 草津には主に6つの源泉がありますが、最も有名なのが湯畑です。いつも白い湯けむりと硫黄の香りが漂っています。湯畑は温泉街の中心部に湧く源泉で、周囲がロータリー状に整備され、観光スポットとなっています。

1分間に4,000リットルもの湯が湧出しているそうで、湯畑では湧き出たその湯を7本の木樋に通し、温度が55度から56度くらいの高温の湯を外気によって冷まします。それから滝を流れ落ち、パイプにて各浴場へ送られています。このような方法で水で薄められていない温泉が楽しめるわけです。

湯畑のデザインは生前当温泉地に心酔していた岡本太郎の手によるそうです。夜間にライトアップして湯畑を演出する期間があり、それもまた美しく観光客の楽しみの一つとなっています。草津温泉の各源泉には緑色の湯垢のようなものが見られますが、それは温泉の成分を栄養にする苔の一種だそうです。
草津温泉・湯畑(その1)
草津温泉・湯畑(その2)
草津温泉・夜にライトアップされた湯畑